松江泰治 東京軍艦島

taimatz(東神田)Square_wht_Right.png

松江泰治(まつえ・たいじ)は、1963年東京生まれ。1987年東京大学理学部地理学科卒業です。同年にはツァイトフォトサロンで個展を開催するなど作品を発表、2002年には第27回木村伊兵衛写真賞を受賞。世界各地を車で移動し、地表、山岳、砂漠、森、都市を俯瞰的な視点で捉えた作品を制作してきました。2004年からカラー作品、また新たな展開として2010年から映像作品を手がけています。主な作品集に『CC』『gazetteer』(大和ラヂヱーター製作所、2005年)『JP-22』(大和ラヂヱーター製作所、2006年)『cell』(赤々舍、2008年)などがあります。
本展では、軍艦島(端島)が廃坑となって9年後の1983年に、松江が無人島を撮影した、未発表の新作160点が展示されます。

開催情報
2月10日(金)~3月4日(土)
10:00~18:00
日月祝休み



guide083.jpg
© Taiji Matsue Courtesy of taimatz / TARO NASU
Hashima, 1983

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。