橋口譲二写真展「Individual—日本と日本人」

写大ギャラリー(中野)Square_wht_Right.png

橋口譲二(はしぐち じょうじ)は、1949年鹿児島生まれ。1981年に新宿歌舞伎町や原宿にたむろする若者を撮影した「視線」で第18回太陽賞を受賞しました。以降、異なる宗教や政治体制の都市の人々の暮らしや、日本の様々な場所で生きる市井の人々を撮影してきました。
本展では、日本人と日本を捉えた5テーマ「十七歳の地図」「Father」「Couple」「職1991〜1995WORK」「夢」からモノクロ写真作品約60点が展示されます。

開催情報
11月6日(月)~12月20日(日)
10:00~20:00、会期中無休、入場無料



guide179.jpg
「十七歳の地図」より
1987-88年

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。