山端祥玉が写した1939年万博の旅

JCIIフォトサロン(半蔵門)Square_wht_Right.png
山端 祥玉(やまはた しょうぎょく 1887-1963)は、1887年福井県生まれ。 1937年より終戦まで、内閣情報部、海軍省、陸軍省の嘱託となり、1938年より陸軍の上海写真製作所であるプレス・ユニオン・フォトを名取洋之助と共に担当しました。戦後は、サン・ニュース・フォトス社を設立し宮内庁の嘱託として皇居で天皇一家を撮影するなどの仕事を行いました。
本展では、山端祥玉が1939年4月から7月までの欧米視察途上で写した作品(全作品モノクロ)約80点が展示されます。サンフランシスコ万博やニューヨーク万博の様子、ヒトラーの観兵式、同乗した藤田嗣治を撮影した作品等が含まれます。

開催情報
11月28日(火)~12月25日(月)、10:00~17:00、
月曜休廊(ただし、祝日の場合は開館)、12月25日は開館
入場無料




guide189.jpg
ニューヨーク万博国際館日本部の写真壁画 《躍進日本》 前 1939年4月

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。