広川泰士 写真展「Portraits」

写大ギャラリー(中野)Square_wht_Right.png

広川泰士は1950年神奈川県逗子市生まれ。独学ながら1970年代よりフォトグラファーとして活動を開始、ファッションや広告などの仕事を行うほか、CMや映画の撮影監督としても活躍してます。また、日本全国の原子力発電所のある風景を撮影した「STILL CRAZY」、悠久の時間をテーマに世界各地で巨岩と星の軌跡を記録した「TIMESCAPES-無限旋律-」、現代日本における自然と人間の営為を俯瞰的に捉えた「BABEL」など、時間や環境と人間の存在をテーマに作品を発表してきました。
本展では、ポートレイトに焦点をあて、広川の最初の写真集である「Sonomama Sonomama」シリーズ、芸能人や文化人の家族を自然な姿で撮影した「家族の肖像」シリーズ、東日本大震災の被災者となった相馬市の家族を撮影したシリーズなどから、ポートレイト作品約100点が展示されます。

開催情報
6月18日(月)~8月12日(日)
10:00~20:00、
会期中無休、入場無料



guide286.jpg
「家族の肖像」より 笠智衆 1992年

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。