色彩の写真家(たびびと) 前田真三
出合いの瞬間をもとめて

FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館(六本木)

前田真三 (まえだ しんぞう、1922-1998)は、北海道美瑛や上富良野の美しい丘の風景を洗練された造形感覚で撮影した作品で知られる写真家で、1970年代に日本の風景写真の流れを決定づけた写真家とも言われています。
本展では二部構成で、第一部は「ふるさと調の時代」と題しモノクロの風景写真を、第二部は「丘の時代」と題し代表作であるカラーの風景写真が展示されます。

開催情報
第一部 18年11月1日(木)~12月28日(金)
第二部 19年1月4日(金)~2月28日(木)
10:00~19:00、入場は18:50ま
で会期中無休、入場無料







「麦秋鮮烈」北海道美瑛町 1977年
写真:前田真三
© Shinzo Maeada, Tankei
*第二部で展示

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。