小さいながらもたしかなこと

日本の新進作家 vol. 15

東京都写真美術館(恵比寿)


将来性のある作家の発掘、支援を目的に東京都写真美術館が継続的に開催している「日本の新進作家」展。15回目となる「小さいながらもたしかなこと」展では、社会とのかかわりを意識しながら個人的な視点で作品を制作する5名の作家の作品が紹介されます。

出品作家
森栄喜
ミヤギフトシ
細倉真弓
石野郁和
河合智子

LinkIcon写真展レビュー(blog)

開催情報
12月1日(土)~19年1月27日(日)
10:00~18:00、木金は20:00まで
ただし、12/28(金), 1/4(金) は10:00-18:00
1/2(水), 1/3(木)11:00-18:00
入館は閉館30分前まで
休館日
毎週月曜日
ただし、12月24日(月・振休)、1月14日(月・祝)は開館、
12月25日(火)、1月15日(火)は休館
年末年始(12/29-1/1)は休館
入場料
一般700円、学生600円、中高生・65歳以上500円




Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。