片桐飛鳥個展
『光と今—Photon Superposition』

KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY(西麻布)

片桐 飛鳥は1971年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後流行通信社を経て独立しました。一貫して「光」をテーマに写真作品の制作を行っており、国内外のギャラリーなどで作品を発表してきました。作品は、サンフランシスコ近代美術館、ニューメキシコアーツなどで所蔵されています。
本展ではライフワークとして現在も取り組んでいる〈Light Navigation〉シリーズから宇宙から届いた太陽光をそのままフィルムに捉えた写真作品が、本展ではじめて個展形式にて発表される〈21_34〉シリーズから「光」を被写体とした写真作品がそれぞれ展示されます。

開催情報
1月19日(土)~2月23日(土)
13:00~20:00、土曜は12:00-19:00
日曜月曜祝日休廊




21_34 #354
2014 | type c print | 21 × 34 inches
© Asuka Katagiri,
courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。