色彩の聖域 エルンスト・ハース
ザ・クリエイション

FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館(六本木)

エルンスト・ハース(1921-1986)は、オーストリア出身。カラーを得意とするフォトジャーナリスト・写真家として、約40年以上のキャリアを持っています。第2次大戦後に地元ウィーンで独学で写真撮影を開始。その後ライフなどの影響力のある雑誌で数多くの写真作品を発表しています。またロバート・キャパに誘われて写真家集団マグナムに参加、創立者以外の最初のメンバーとなります。1950年に仕事でニューヨークへ行き、それ以来アメリカに在住。1962年にニューヨーク近代美術館で開催された彼の回顧展は、同館で行われた初のカラー写真による展覧会として知られています。
本展では、1971年に写真集として発表されたエルンスト・ハースの最高傑作「ザ・クリエイション」より、厳選された21点の貴重なダイトランスファープリントが展示されます。

開催情報
3月1日(金)~5月31日(金)
10:00~19:00、入場は18:50まで
会期中無休、入場無料






火山, スルツェイ島, アイスランド, 1965年
〈ザ・クリエイション〉より
写真:エルンスト・ハース
Photo by Ernst Haas/Getty Images

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。