田沼武能 写真展
「 童心 − 世界の子ども 」

写大ギャラリー(中野)

田沼 武能(たぬま・たけよし)1929-)は東京都生まれ。写真工業専門学校(現・東京工芸大学)卒業。木村伊兵衛に師事しました。ライフワークとして長年子どもたちの撮影を行っており、黒柳徹子ユニセフ親善大使の援助国訪問に1984年の初回からすべてに同行するほか、これまで120カ国を超える世界中の子どもたちを撮影してきました。今年は生誕90年、写真家生活70年の節目の年となります。
本展は、世田谷美術館で開催される 田沼武能 写真展「東京わが残像 1948-1964」にあわせあて開催されます。東京工芸大学名誉教授でもある田沼武能が世界の子どもたちを撮影したカラー作品が、同大学のコレクションを中心約50点展示されます

開催情報
3月5日(火)~4月27日(土)
10:00~20:00、会期中無休、入場無料



「放課後のいたずら描き」
オーストラリア・シドニー 1983年
ⓒ 田沼武能

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。