平田実 「東京慕情/昨日の昭和 1949-1970」

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(六本木)

平田実(1930-2018)は東京生まれ。写真は独学で始め。1950年代よりフリーのフォトジャーナリストとして活動をはじめました。戦後復興から高度経済成長へと向かう東京の街、前衛美術家たちの活動などを撮影した作品群は、週刊誌に掲載されるなどして紹介されてきました。
本展では、市井の人々や東京の街、社会の有り様を戦後復興期から高度経済成長期にかけて活写したシリーズから、約26点が展示されます。

開催情報
3月9日(土)~4月27日(土)、11:00~19:00、
日曜月曜祝祭日休廊




平田実 「都市・新宿」、1970年代初頭
2019年、Gelatin Silver Print © HM Archive

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。