石田 榮 作品展
「はたらくことは 生きること―昭和30年前後の高知」

JCIIフォトサロン(半蔵門)

石田 榮 (いしだ さかえ)は1926(大正15)年香川県綾歌郡生まれ。戦後、旧満州から引き揚げてきた人からドイツ製の蛇腹式カメラ「セミイコンタ」を譲り受け、以降アマチュア写真家として活動。80歳以降も個展などで作品を展示してきました。
本展では、昭和30年前後(1950年代前半)の高知で、鉱山、漁村、農山村で働く人々の姿をとらえた作品75点(すべてモノクロ)が展示されます。

開催情報
4月2日(火)~5月6日(月祝)
10:00~17:00、
毎週月曜日休館(ただし、祝祭日の場合は開館)
入場無料

農村 ちょっと一休み
肥料にするための萱(かや)を背負って山道をのぼる。一緒について写真を撮った。

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。