断片的資料・渡辺兼人の世界 1973‒2018 全7回
第 7 回 草・水 『水無月の雫』『雨』『忍冬』

AG + GALLERY(日吉)

渡辺 兼人(わたなべ かねんど)は、1947年東京都生まれ。東京綜合写真専門学校卒業です。70年代より作品を発表し、1981年には写真集『既視の街』により第7回木村伊兵衛写真賞を受賞しました。作品は、京都現代美術館・何必館に収蔵されています。
本展は、渡辺兼人の仕事を、ヴィンテージプリントや貴重な資料と共に7回にわたって紹介する企画の第7回です。今回は、東京湾を捉えた「水無月の雫」、 地面の水たまりに波紋を刻む雨の様子「雨」、琵琶湖畔や淀川流域の水辺に茂る植生に目を向けた「忍冬」からの作品が展示されます。

開催情報
5月16日(木)〜6月1日(土)
木金土 13:00~19::00


© Kanendo Watanabe

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。