真継不二夫作品展「美の生態」

JCIIフォトサロン(半蔵門)

真継 不二夫(本名は藤三郎、1903-1984)は京都府亀岡市生まれ。写真は独学で学び1935年にフリーランスのカメラマンとなりました。第二次世界大戦中は海軍特別報道班員として撮影に従事。戦後は女性のヌードに美を追求し、造形的な写真作品を発表してきました。『 女を写す』(玄光社、1939年)、『美の生態』(大泉書店、1948年)等ヌード表現をテーマとした写真集を残す一方で『海軍兵学校』(番長書房、1943年)、『ああ江田島海軍兵学校』(大泉書店、1964年)、『学徒出陣―海軍予備学生の記録』(朝日新聞社、1966年)など大戦中の記録も数多く著作として残しています。
本展では、占領期に刊行された写真集『美の生態』などに収録のヌード作品を中心に、オリジナル・プリント40点を含む54点(すべてモノクロ)が展示されます。

開催情報
6月4日(水)~6月30日(日)
10:00~17:00、
毎週月曜日休館(ただし、祝祭日の場合は開館)
入場無料



肉体丘陵 1950年

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。