Blitz Collection : Landscapes

Blitz Gallery(目黒)

ランドスケープ写真は、写真が誕生した19世紀から現代まで、数多くの写真家が取り組んできたポピュラーなテーマです。初期段階では美しい自然のシーンを記録し多くの人々に伝える作品が中心でした。アンセル・アダムスは写真独自のアート性を追求。光の状態をフィルムと印画紙に可能な限り精緻に再現するゾーン・システムという独自技法を開発し、自分のヴィジョンをモダンなモノクロ写真で表現しています。岡田紅陽は、富士山をライフワークのテーマとして約60年以上に渡り撮影してきました。最初は富士の秀麗な姿やフォルムを追求します。しかし後期になると次第に自分の精神状態や心情を反映させた富士を撮影するようになります。
本展では、ギャラリーの膨大な収蔵写真作品の中から、アンセル・アダムス、岡田紅陽のクラシック作品から21世紀の現代アート系作品まで、約30点の風景をテーマとした作品が展示されます。

(展示アーティスト)
アンセル・アダムス、マイケル・デウィック、テリ・ワイフェンバック、
ウィリアム・ワイリー、岡田紅陽、伊藤雅浩、ファウンド・フォトなど

開催情報
9月12日(木)~9月29日(日)
13:00~18:00、入場無料
火曜水曜休廊(会期中休廊日は9/17, 9/18, 9/24, 9/25)




ⓒ Ansel Adams
"Northern California Coast Redwoods, ca.1960"

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。