山本昌男「手中一滴」

清里フォトアートミュージアム

山本昌男は1957年、愛知県蒲郡市生まれ。ゼラチン・シルバー・プリント技法を中心に制作活動を行い、作品は欧米などで評価されています。
本展では、デビュー作の<空の箱>・<中空>から<川><浄(しずか)>そして最新作の<盆栽>シリーズまで約170点が作家によるインスタレーションによって展示され自然の神秘性を追い続けた山本の30年の軌跡をたどります。本展のタイトル「手中一滴」とは、山本による造語で、「一滴の露にも宇宙が宿る」という禅の教えに基づいてた山本による造語です。

開催情報
10月5日(土)~12月8日(日)
10:00~18:00、(入館は17:30まで)
休館日
毎週火曜日
料金
一般:800円、大学生:600円、中・高校生:400円


Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。