JCIIフォトサロンコレクション展 《前期》

JCIIフォトサロン(半蔵門)

日本カメラ博物館の開館30周年を記念してて開催されるJCIIフォトサロンのコレクション展です。前期後期の2期に分けて開催されます。
前期となる本展では、1913~1960年に撮影・発表された作品約80点が展示されます。

〇主な展示作品
絵画的な芸術写真の代表作である渡辺淳の〈冬〉(1926年)
海外に日本を伝えるために土門拳が迫った人形職人の手さばき(1938年)
書斎で執筆中の無頼派作家を写した林忠彦の〈坂口安吾〉(1947年)
戦後の世相として笹本恒子が写したストリップショー(1952年)
生と性に肉薄した細江英公の(1960年)など

開催情報
10月29日(火)~12月1日(日)
10:00~17:00、
毎週月曜日休館(ただし、祝祭日の場合は開館)
入場無料



林 忠彦 「坂口安吾」 1947年

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。