「Structures and Space」
ウィリアム・ワイリー写真展

Blitz Gallery(目黒)

ウィリアム・ワイリー(William Wylie)は1957年米国イリノイ州ハーヴェイ市生まれ。ミシガン大学で写真を学びます。現在は、ヴァージニア州シャーロッツビルに住み、ヴァージニア大学のアート部門の教授を勤めています。彼は、特定のロケーションや見逃されがちな場所をテーマに、アメリカ西部から欧州を幅広く撮影してきました。作品は全米各地で展示されるとともに、多くの公共コレクションに収蔵されています。
本展では、イタリア・ポンペイ遺跡、米国ユタ州ウェンドーバー、ハイウェイ「Route36」周辺、欧州都市で、空間に潜む装飾性をテーマに建築物を撮影した作品(全作モノクロ)約30点が展示されます。

開催情報
1月8日(水)~2月24日(月)
13:00~18:00
月曜火曜休館、ただし、1/13, 2/11 ,2/24 はオープン
入場無料



Bank, Bird City, Kansas, 2006
ⓒ William Wylie

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。