高橋宗正
糸をつむぐ

PGI(東麻布)

高橋宗正(たかはし むねまさ)は1980年東京生まれ、日本写真芸術専門学校卒業。2011年の東日本大震災の津波に流された写真を持ち主の元に届ける「思い出サルベージ」に副代表として参加。2015年、震災以降ほとんどやってこなかった作品発表を再開し、デザイナーの塚原敬史と共に写真集レーベルVEROを立ち上げ写真集を出版するなど活動の幅を広げています。
本展では、「水に浮くものとは結局なんだろうか」と考えながら、多岐にわたる被写体を大判カメラで撮影した作品群「糸をつむぐ」からの作品が展示されます。

開催情報
2月12日(水)~3月23日(月)
11:00~19:00、土曜は18時まで
日曜祝日休廊、
入場無料





© Munemasa Takahashi

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。