横浜美術館コレクション展

「横浜美術館の西洋美術
木版挿絵からボルタンスキーまで―絵画・版画・写真・彫刻」

横浜美術館

西洋美術に焦点を当て、絵画、版画、写真、彫刻を美術史の流れに沿って構成する横浜美術館のコレクション展です。本展は、2020年1月から3月にかけて、横浜市内各所で開催される写真や映像に関するイベント「PHOTO YOKOHAMA(フォト・ヨコハマ)2020」のパートナー・イベントでもあります。
19世紀半ばの写真技術の発明以降現代にいたるまで、写真は美術の表現自体に大きな影響を与えてきました。本展では、ダダや構成主義、シュルレアリスムの美術家や現代アーティストたちが写真を取り入れた作品など、美術と写真の様々なつながりを示す作品が展示されます。

開催情報
2月15日(土)~5月24日(日)臨時休館中
10:00~18:00、金曜・土曜は10:00~20:00
入館は閉館の30分前まで
休館日
木曜日
入場料
一般 500円/大学・高校生 300円/中学生 100円/小学生以下無料
同美術館で開催される企画展観覧当日に限り、企画展の観覧券でコレクション展も観覧可能

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。