奈良原一高 追悼展 「消滅した時間」

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(六本木)

奈良原一高(1931-2020)は福岡県生まれ。国内外で高い評価を得ている戦後日本を代表する写真家の一人です。1954年に中央大学法学部を卒業後、1959年に早稲田大学大学院文学研究科芸術学専攻修士課程を修了。同大学院在学中より、初の個展「奈良原一高写真展 人間の土地」(1956年、松島ギャラリー)を開催するなど写真家として活動を始め、1959年には、川田喜久治、細江英公、東松照明等とともに写真家によるセルフ・エージェンシー〈VIVO〉(61年解散)を結成しました。60年代からはパリ、東京、ニューヨークと拠点を移しながら、1974年以降は東京を拠点に作品を発表。国内外の美術館で個展が開催されるなど長年にわたって活躍を続けてきました。
主な作品集に、 ヨーロッパ・静止した時間(1967) ジャパネスク(1970) 消滅した時間(1975) ヴェネツィアの夜(1987) など。
主な美術館での個展に、「Ikko Narahara」(初の回顧展、2002年ヨーロッパ写真美術館、パリ)、「奈良原一高 時空の鏡―シンクロニシティ」(回顧展、2004年東京都写真美術館)、「手のなかの空―奈良原一高 1954-2004」(回顧展、2010年島根県立美術館、長野県立美術館)、「奈良原一高 王国」(個展、2014年、東京国立近代美術館)など。
本展は、今年1月19日に亡くなった奈良原一高の追悼展として開催されます。キャリア上重要な契機の一つとなった、1970年代のアメリカ滞在中に撮影された作品群「消滅した時間」より、約10点が展示されます。

開催情報
2月29日(土)~4月4日(土)、
11:0012:00~19:00、
日曜月曜祝祭日休廊


奈良原一高「消滅した時間、ニューメキシコ」
1972年/1973年© Narahara Ikko Archives

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。