写真とファッション
90年代以降の関係性を探る
Photography and Fashion Since the 1990s

東京都写真美術館(恵比寿)

文化誌『花椿』の編集者としてファッションやアートの世界を見つめてきた林央子氏を監修に迎えて企画された、90年代以降の写真とファッジョンの関係性を探る展覧会です。
稀少なファッション誌の展示や、 関連イベントなどとともに、様々な角度から写真とファッションの関係が紹介されます。

出品作家
高橋恭司
アンダ―ス・エドストローム
エレン・フライス X 前田征紀
パグメント
ホンマタカシ

開催情報
3月3日(火)~5月10日(日)
4月12日まで臨時休館。今後の情報にもご注意ください。

10:00~18:00、木金は20:00まで、
入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日(5/4開館)
料金
800円/学生 700円/中高生・65歳以上 600円


Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。