土門拳写真展 「東京 1936-1967」
- 第39回土門拳賞協賛企画展 -

写大ギャラリー(中野)

土門拳(1909-1990)は山形県酒田市生まれ。「古寺巡礼」シリーズをはじめ「風貌」、「筑豊のこどもたち」などで広く知られており、戦後の日本を代表する写真家のひとりです。
本展では写大ギャラリーのコレクションより、戦前から戦後にかけての東京を舞台として撮影された作品に焦点を当て、約50点のモノクロ作品が展示されます。

開催情報
3月9日(月)~5月17日(日)臨時休館中
10:00~20:00



土門 拳「吹き降り」 東京 銀座 1954(昭和29)年

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。