センス・オブ・ワンダー
もうひとつの庭へ

ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡)

タイトルの『センス・オブ・ワンダー』は、子ども時代からの自然とのかかわりにおいて「センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見はる感性」を持つことの大切さを説いた海洋生物学者のレイチェル・カーソン(1907-1964)の遺作からとっています。
本展は、自然とのかかわり方、豊かな出会い方をテーマに、絵画、彫刻、写真、映像分野の7名の作家たちの作品を紹介する展覧会です。

参加作家
杉戸洋、須藤由希子、ロゼリネ・ルドヴィコ、クリスティアーネ・レーア、
須田悦弘、川内倫子、テリ・ワイフェンバック

開催情報
3月20日(金祝)~8月31日(月)
3月 10:00~17:00
4-8月 10:00~18:00
(入館は閉館の30分前まで)、
休館日
水曜日(4月29日、5月6日、8月12日(水)は開館)、5月7日(木)
料金
3月 大人1,000円 高大学生500円 中学生以下無料
4-8月 大人1,200円 高大学生800円 中学生以下無料


2017 ⓒ Terri Weifenbach

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。