清水哲朗作品展 「トウキョウカラス」

JCIIフォトサロン(半蔵門)

清水 哲朗 (しみず・てつろう)は、1975年横浜市生まれ、日本写真芸術専門学校卒業。写真家・竹内敏信の助手を経て23歳でフリーランスとなりました。約20年間モンゴルの風景や人々を撮り続け写真集などで発表しています。
本展では、1995年から約8年間にわたって、東京・渋谷などでハシブトガラスを追ったドキュメンタリー作品より、ゴミを荒らし時には人を襲うと問題視されていたカラスが、コンクリートジャングルに順応して生きる姿をとらえた作品66点(全作モノクロ)が展示されます。

開催情報
9月1日(火)~9月27日(日)
10:00~17:00
月曜休館(祝・祭日の場合は開館)
入場無料




 
1996年2月26日 銀座

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。