エキソニモ UN-DEAD-LINK
アン・デッド・リンク
インターネットアートへの再接続

東京都写真美術館(恵比寿)

エキソニモ(exonemo)は、1996年に結成された千房けん輔と赤岩やえによる日本のアート・ユニット。現在ニューヨークを拠点に活動しています。1990年代からインターネットそのものを素材として扱い、実験的なプロジェクトを数多く手がけてきました。
本展では、24年間に及ぶ活動を、初期のインターネットアートから本展で初公開される新作《UN-DEAD-LINK 2020》を含む近年の大型インスタレーションまでの作品群によって紹介されます。

開催情報
8月18日(火)~10月11日(日)
10:00~18:00、入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日
ただし、9/21,9/22は開館し9/23は休館
料金
一般700円/学生 560円/中高生・65歳以上 350円

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。