写真歴史博物館企画写真展
ここに人間味あふれる写真家がいます。
秋山亮二「津軽・聊爾(りょうじ)先生行状記」

FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館(六本木)

秋山亮二(あきやま りょうじ)(1942-)は東京生まれ。戦後日本を代表する写真家の一人です。
本展では、1975年から約2年にわたり撮影され1978年に自身初の写真集として発表された初期の代表作〈津軽・聊爾先生行状記〉より厳選され、新たに制作された約30点のプリントが展示されます。作品すべてに秋山自身による擬古文調の文章が添えられています。

開催情報
1月4日(月)~3月31日(水)
10:00~19:00、 最終日は16:00まで
入館は終了10分前まで
会期中無休、入場無料


 
「旅は道連れ、世は情け」。城址公園を歩む二人の
後ろ姿のアズマシサ(かっこよさ)よ。
〈津軽・聊爾先生行状記〉より
写真:秋山亮二 ©Ryoji Akiyama

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。