渡部雄吉作品展「張り込み日記」

JCIIフォトサロン(半蔵門)

渡部 雄吉(1924-1883)は山形県酒田市生まれ。1950年代から『文藝春秋』『中央公論』などのグラビアページで活躍し、1960年以降はエジプトやアフリカ、アラスカ、ヨーロッパなどへの海外取材を重ね、戦後のフォトジャーナリズムを支えました。
本展では、実際の事件捜査に密着したドキュメンタリー作品「張り込み日記」から、53点のモノクロ作品が展示されます。

開催情報
3月30日(火)~4月25日(日)
10:00~17:00
月曜休館(祝・祭日の場合は開館)
入場無料




 
〈桜田門・警視庁前〉1958年

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。