Kate

Phaidon Press, 2018

Mario Sorrenti(マリオ・ソレンティ)


長年にわたり国際的に活躍する英国出身のファッション・モデルのケイト・モス(1974-)。これまでに各国版の"ヴォーグ""ヴァニティ・フェア""W"などの主要ファッション雑誌のカヴァーを飾り、グッチ、ドルチェ&ガッバーナ、ルイヴィトン、ヴェルサーチ、カルヴァン・クライン、シャネル、バーバリー、ブルガリなどの広告キャンぺーに登場しています。

本書には、世界的な名声を手に入れる寸前の17歳だったケイト・モスの、極めて自然で親しみのある写真が初公開されています。撮影時期は1990年代前半、当時のボーイ・フレンドだったイタリア人写真家マリオ・ソレンティ(1971-)が撮影しています。その後、デザイナーのカルヴァン・クラインはソレンティが撮影した写真を見て、彼女を有名な香水オブセッション(Obsession)の広告キャンペーンに起用。それがきっかけとなり、彼女は世界的に注目されるモデルになります。
本書は布張りで、クラムシェル・ボックス(clamshell box)仕様の豪華本。エッセーはマリオ・ソレンティが担当。まるで無名時代の彼女のパーソナルな日記を見ているような、美しいモノクロ・イメージ約50点が収録されています。

ハードカバー: 120ページ、40 x 6.4 x 42.5 cm、約50点のモノクロ図版を収録。

出版社のウェブサイト