As It Was: Frank Habicht's Sixties

Hatje Cantz Verlag Gmbh & Co Kg, 2019

Frank Habicht(フランク・ハビット)


フランク・ハビット(1938-)は、ドイツ・ハンブルグ出身の写真家。1981年以来、ニュージーランドに在住しています。特に60年代ロンドンのストリート・カルチャーの熱狂と精神性を表現した写真が有名です。
彼はファッション、音楽、ライフスタイルの表現を通して、社会や政治の変化を求めた先進的な若者たちをドキュメントしています。いままでに、レアブックとして知られる"Young London: Permissive Paradise"(George A Harrap & Co1969年刊)"In the Sixties"(Axis Publishing1997年刊)を発表。彼の作品は、2016年にバービカン・センター・ロンドンで、マーティン・パーのキュレーションで開催された"Strange and Familiar"でもフィチャーされています。

本書は、60年代ロンドンのストリートカルチャー"スウィンギング・ロンドン"の気分と雰囲気が詰まったハビットの最新刊です。彼の写真は当時の英国伝統とポップとのコントラストを見後に表現。いま社会的な変化に直面している英国史においても、目を見張るような時代だったことを提示しています。代表作と共に、多数の未発表作が含まれています。

ハードカバー: 240ページ、サイズ 27.3 x 2.5 x 33 cm
193点の図版を収録。

出版社のウェブサイト