Paris + Klein

Distributed Art Pub Inc, 2003

William Klein(ウィリアム・クライン)


2002年に欧州で刊行されたパリのアメリカ人、ウイリアム・クラインの新作写真集の待望の米国版です。キャリア初期の1960年代から、途中1965年~1978年の中断期間を挟んで、 パリのストリート中心で撮影された241点のカラー、91点のモノクロ作品が収録されています。
クラインの撮影するイメージの洪水の中にはロマンティックなパリ はありません。 混乱する大都市パリとそこに住む人々の持つ多様な生活模様が、 クラインの情感豊かで移動する視点により暴き出されています。 米国では刊行に合わせて、国際写真センター、フィラデルフイア美術館で作品が公開されました。日本でも、2004年に東京都写真美術館で写真展が開催されました。

ウィリアム・クライン プロフィール