Martin Parr: Mexico

Aperture, 2006

Martin Parr(マーティン・パー)


30年以上のキャリアを持つ英国を代表する写真家マーティン・パー。最近はアート系写真集のコレクター、専門家としても知られています。彼は英国の大衆文化の変容を、人々の食べ物、観光、ファッションなどに対する奇抜さや特殊性を通して追求してきました。
2002年以来の新刊でマーティン・パーは中米のメキシコを探求しました。彼はいつものようにただメキシコの決まりきったシーンを撮影していません。地場の伝統的カラフルな文化に魅了されるとともに、アメリカのポップ・カルチャーや経済の大きな影響に注目しました。ミッキーマウス、コカコーラ、ナイキなどアメリカ文化の象徴と、地元の典型的な文化が並列しているシーンを撮影しています。 彼が好んで撮影する、カラフルな食べ物、みやげ物、帽子、デザインなどのクローズアップとともに、人物のストレートなポートレートも収録されています。 一連の最近作と同じように、本書でも世界的な消費文化の影響で地域の伝統的文化が侵食される点をテーマにしています。しかし、今回は状況を批判とともに賞賛しています。 彼は「この状況は良くも悪くもあるということです。私は文化の柔軟な多様性を表現したいのです。」 と語っています。

ハードカバー、カラー作品81点が収録されています。

マーティン・パー プロフィール