トーマス・デマンド

DEMAND, Thomas (1964-)

トーマス・デマンドは1964年ドイツのミュンヘン近郊生まれ、現在はベルリン在住です。ミュンヘン、デュセルドルフ・クンストアカデミー、ロンドンのゴールドスミス・カレッジなどで学びました。彫刻家としてキャリアを開始しますが、紙で制作する保存困難な作品を記録するために写真に取り組み始めます。1993年に写真作家に転向し、写真を撮影するために紙製作品を制作するようになります。

彼はまず元になる写真探しから始めます。歴史的、政治的、またメディアに登場するイメージがソースとなります。それをもとにスタジオで実物大のモデルを紙、ダンボールなどで制作します。オフィス、ラボ、コピーショップ、ウィンドウ、キッチン、流し台、廊下などが紙で再構築され写真撮影されます。巨大サイズに引き伸ばされる場合が多い写真イメージは現物との質感の違いから異質な印象が感じられ、その緊張感が見る行為を強く意識させられます。被写体を忠実に写し出すという写真本来の使用法に疑問を投げかけているのです。なお撮影後には紙製モデルは破壊されるとのことです。

彼の作品はオブジェ制作の職人としての高い技量とコンセプトを併せ持っているマルチメディア時代の最先端の仕事と高く評価されています。最近はオブジェに動きをつけた35mmフィルムによる作品制作にも取り組んでいます。
1999年にロンドンのテート・ギャラリー、2005年にはニューヨーク近代美術館で個展開催。日本では2012年に東京都現代美術館で個展が開催されました。


Thomas Demand: Phototrophy


Thomas Demand