グレゴリー・クリュードソン

CREWDSON, Gregory (1962-)

グレゴリー・クリュードソンは1962年ニューヨークのブルックリン生まれです。
シンディー・シャーマンが展開させた、演出を行う"ステージド・フォト"の代表作家です。"Natural Wonders"、"Hover"、 "Twilight"、"Dreamhouse"などのシリーズがあり、2003年からは"Beneath the Roses"シリーズに取り組んでいます。 作品はオークションなどでも取引されてる人気アーティストです。またニューヘブンのYale School of Artの影響力のある講師でもあります。

クリュードソンの主なテーマは、郊外に住む中流階級の日常生活に潜む夢と不安を表現することです。大掛かりなセット、ライティングを駆使して、8x10の大型ビューカメラによるドラマティクで幻想的な作品作りで知られています。撮影は映画製作の経験を持つ約60人ものクルーを動員して行われるそうです。彼には大きく分けて二つの作品制作アプローチがあります。 巨大なスタジオに完璧な撮影用セットを作り出して行うのと、映画同様に行われるロケーションでの撮影です。撮影準備に数ヶ月もかけるものの、 イメージ通りの作品はできないそうです。 完璧を目指す気持ちがの次作の創作意欲につながる、と本人は語っています。

2005~2006年にかけて欧州各地の美術館で本格的な回顧展が巡回しました。


Gregory Crewdson: Cathedral of the Pines


Gregory Crewdson: in a Lonely Place


Beneath the Roses


Gregory Crewdson: 1985-2005


Twilight: Photographs by Gregory Crewdson