ジョック・スタージス

STURGES, Jock (1947-)

ジョック・スタージスは1947年生まれ、米国のロード・アイランド出身です。 地元のアートスクールで写真を学び、 サンフランシスコ・アート・インスティチュート卒業後、フリー写真家となります。
南仏や北カリフォルニアの海岸などで大型ビューカメラにより撮影された、 思春期の美少女たちの透明感のある自然なモノクロ・ヌード写真で有名です。

初期の段階では幼児ポルノではないかと誤解された時もありましたが、 モデルになっている子供達はいずれも裸で暮らすことを理想と考える ナチュラルストの両親に育てられています。作品は被写体本人と両親の承諾を得て発表されています。スタージェス自身が同じ志向を持っており、 モデル、その両親との深い信頼関係が作品のベースになっています。

現在、彼のオリジナルプリントは美術館、ギャラリーに展示されるとともに オークションでも取引され、アートとして広く認められています。日本でもギャラリー中心に写真展が何度も開催されています。 ポルノかアートかを決めるのは作家の志向だということをスタージェスの作品は教えてくれます。
写真集の人気も高く、80年代に出版された“The Last Day of Summer”などはハードカバー版から、ペーパーバック版になって何度も再版されています。


Jock Sturges: Fanny


Jock Sturges: Life Time


Jock Sturges: Misty Dawn


Jock Sturges: Notes


Jock Sturges: New Work 1996-2000


Jock Sturges


The Last Day of Summer