マリオ・ジャコメッリ

GIACOMELLI, Mario (1925-2000)

イタリア人写真家マリオ・ジャコメッリは1925年8月1日イタリア北東部のセニガリア生まれです。13歳の時、印刷所で雇われ、その後その印刷所のオーナーとなっています。最初はアマチュアの画家および詩人でしたが、1954年以降に独学で写真を学び印刷の仕事のかたわら写真家としてのキャリアをスタートします。 エチオピアやチベットなど遠方地での撮影も行なっていますが代表作は主に地元中心に旧式の改造されたカメラで行われています。 アマチュア写真家ですが、ニューヨーク近代美術館のジョン・シャーカフスキーやジョージ・イーストマン・ハウスのネイサン・ライオンズなどが収蔵作品に加えたり展覧会を企画するなど高く評価しました。

シュールな印象のコントラストが強いモノクロ写真が特徴。 終生に渡り、生と死がテーマになっており、代表作は、「ホスピス」(1954-83)、「風景」(1954-2000)、「スカンノ」(1957,59)、「若き司祭たち」(1961-63)など。 空中撮影された抽象的なイタリア田舎風景や老人ホームの写真で知られています。
2000年11月25日にアドリア海に面したセニガリアで75歳で亡くなりました。

2008年に東京都写真美術館で、「知られざる鬼才 マリオ・ジャコメッリ」展が開催されました。


Mario Giacomelli


Giacomelli: LA Forma Dentro
Fotografie 1952-1995