メルビン・ソコルスキー

SOKOLSKY, Melvin (1938-)

メルビン・ソコルスキーは写真を独学で学び、1958年に広告写真家としてキャリアをスタートします。そして1959年、わずか21歳で当時“ハーパース・バザー"誌のアート・ディレクターだったヘンリー・ウルフから 撮影の仕事を依頼されています。
絵画への興味から発想された作品は当時活躍していたペン、アベドン、ヒロなどとは全く異なった ユニークなスタイルを持っていました。日常をシュールで超現実的な世界に変貌させることを探求し、多くの実験的手法をファッション写真に取り入れています。
大きなプラスチック製の透明のバブルの中にモデルを入れてセーヌ川などで宙吊りして撮影したパリコレクションのシリーズは特に有名です。
当時各界で活躍したスターたち、ミア・ファロー、ツィギー、アリ・マグロー、ジーン・シュリンプトン、 ダスティー・ホフマン、チェット・ベイカー、ナタリー・ウッドなどの ポートレートも撮影しています。
1970年代になってニューヨークからハリウッドへスタジオを移し、活動の中心をテレビのコマーシャル・フィルムの分野に転換しています。彼はこの分野の仕事でも高い評価を受けています。


Melvin Sokolsky: Seeing Fashion