デニス・ホッパー

HOPPER, Dennis (1936-2010)

デニス・ホッパーは1936年カンザス州生まれ。“イージーライダー”、“ラスト・ムービー”の映画監督、“理由なき反抗”、“地獄の黙示録”、 “ブルーベルベット”などの演技でも知られています。彼は同時に彫刻家、画家、写真家という多彩な面を持つアーティストでもあります。彼のアート作品はホイットニー美術館、ロサンゼルス現代美術館など主要美術館で 展示されています。

彼のカメラとの出会いは60年代前半、当時の妻、女優のブルック・ヘイワードにカメラを贈られたことから始まります。50年代の活躍から、役者としてのキャリア上の停滞期にいた彼は すぐに自己表現の手段として写真に取り組み始めます。最初は家族のスナップだったのが、当時の若い俳優、モデル、ミュージシャン達を撮影するようになります。それらの作品は1986年に"Out of Sixies"(絶版)、1993年に "Dennis Hopper: Photographs from 1962-1967"として出版 されています。過ぎ去った60年代西海岸のアートライフを記録する貴重なドキュメントに仕上がっています。
映画“ラスト・ムービー”(1971年)でのつまずきから、酒と麻薬中毒で入退院を繰り返し、1970年代から1980年代前半 まではメインストリームの役者として不遇な時代が続きました。ところが1986年のデビット・リンチの“ブルーベルベット”で復活を果たします。

日本ではトヨタ・セリカやツムラのコマーシャルに出演したことで知られています。1989年にはパルコ・ギャラリーで写真展が開催されました。


Dennis Hopper: On the Road


Dennis Hopper: 1712 North Crescent Heights
Dennis Hopper Photographs 1962-1968


Dennis Hopper: A System of Moments