ローレン・グリーンフィールド

GREENFIELD, Lauren (1966-)

ローレン・グリンフィールドは1966年ボストン生まれ。ハーバード大学でビジュアルと環境を学び、1987年に卒業しています。 1993年にナショナル・ジオグラフィックから補助を受け、ロサンゼルスの若者のドキュメンタリーを開始します。 ロサンゼルスで暮らす様々な階級出身の子供達の実態と、彼等の虚無観と不安をテーマにしたプロジェクトは 写真集、"Fast Forward: Growing Up in the Shadow of Hollywood "(Knopf)として1997年に発表され全米で大きな話題になりました。 収録作品は、ギャラリーやニューヨーク国際写真センターで展示されるとともに、1997年のICP Infinity Award などを受賞しています。
2002年には、新作写真集"Girl Culture"(Chronicle Books)を発表。 21世紀のメディア時代に生きるアメリカン・ガールの実像に鋭く迫ったとして非常に高く評価されています。 このシリーズは、全米の有名ギャラリーで 展示されると共に、クリエイティブ・フォトグラフィー・センター主催で全米の美術館を巡回する予定 とのことです。
仕事面では、現在、"ザ・ニューヨークタイムズ・マガジン"、"ザ・ニューヨーカー"、 "ハーパース・バザー"、"ナショナル・ジオグラフィック"、"サンデータイムズ・マガジン"、 "スターン"などで世界中で活躍しています。

ノー・トリミングでチバクローム・カラーによる作品は、Stephen Cohen Gallery 、Robert Koch 、Pace/MacGillなどの一流ギャラリーで取扱われるとともに、サンフランシスコ現代美術館、ニューヨーク国際写真センター、ヒューストン美術館、クリエイティブ・フォトグラフィー・センター(アリゾナ)、各種企業コレクションなどに幅広く収蔵されています。


Lauren Greenfield: Generation Wealth


Girl Culture