新・晴れた日 篠山紀信

東京都写真美術館(恵比寿)

篠山紀信(しのやま きしん)は1940年東京生まれ。日本大学藝術学部写真学科在学中の1961年に広告写真家協会展APA賞を受賞。以降数多くの雑誌やグラビア、広告等の分野で活躍を続けてきました。
本展は、60年にわたる活動を紹介する初の大規模な古典です。『晴れた日』は、1974年に雑誌『アサヒグラフ』で連載され後に写真集としてまとめられたシリーズです。「新・晴れた日」と題した本展では、『晴れた日』の構造を使い2部で構成されてます。
第1部では1960〜70年代の主要作品が、第2部では1980年代以降に写真集で発表された作品を中心に展示されます。

開催情報
6月1日(火)~8月15日(日)
10:00~18:00、入館は閉館30分前まで
休館日
月曜日
*月曜日が祝休日の場合は開館、翌平日休館
観覧料
一般:1,200円、学生:950円、中高生・65歳以上600円

第1部もしくは第2部のみ
 一般700円、学生560円、中高生・65歳以上350円
オンラインによる日時指定予約が推奨されています
詳細は公式ページをご覧ください




 

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。