山城知佳子 リフレーミング

東京都写真美術館(恵比寿)

山城知佳子は1976年沖縄県那覇市生まれ。生まれ育った沖縄の歴史と自身の関係に向きあい2000年代から映像と写真を中心とした作家活動を行っています。
公立美術館では初の大規模な個展となる本展では、初公開となる最新作を収蔵作品を中心とした過去の代表作と組み合わせて、以下の構成で展示されます。

起点-そこにある風景
私というメディア
擬人化された風景
土の連なり:穴という回路
最新作《リフレーミング》

開催情報
8月17日(火)~10月10日(日)
10:00~18:00、入館は閉館30分前まで
休館日
月曜日
*月曜日が祝休日の場合は開館、翌平日休館
観覧料
一般:700円、学生:560円、中高生・65歳以上350円
*事前予約や入場制限等が実施される場合があります。
詳細は公式ページをご覧ください




 

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。