W・ユージン・スミス写真展
The Glow of Mercy -愛と真実の日々-

gallery bauhaus(お茶の水)

フォト・ジャーナリストとして数多くの傑作を残した写真家ユージン・スミス(1918-1978)の写真展です。ユージン・スミスは、戦争・医学・産業などをテーマとした作品をアメリカのグラフ紙『LIFE』を中心に発表。日本では水俣病の取材を行ったことで知られています。1957年から写真家集団マグナム・フォトの正会員となっています。
本展では、モノクローム(ゼラチン・シルバー・プリント)作品約70点が展示されます。

開催情報
9月7日(火)~11月20日(土)
11:00~19:00
日曜月曜祝日休館
入場料:一般・学生 800円 *中学生以下無料





慈悲の人-シュバイツァー」 ©W・Eugene Smith

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。