新山清の世界
‐ペンタックス時代 生誕110年記念‐

リコーイメージングスクエア東京(新宿)

新山 清(にいやま きよし 1911-1969)は愛媛県生まれ。1935年より理化学研究所に勤務する一方でパーレットカメラの同人会のメンバーとして写真家活動を開始しました。以降、作品を多くのサロンや国際的写真雑誌に発表し、コンテストで入選を果たすなど活躍しました。造形感覚にあふれた主観主義写真は国内外で高い評価を得ています。
生誕110周年を記念して開催される本展では、ペンタックスのカメラで撮影されたモノクローム作品約40点が展示、販売されます。

開催情報
9月16日(木)~10月4日(月)
10:30~18:30最終日は16:00まで
火曜水曜休館
入場無料





© Kiyoshi Niiyama

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。