土田ヒロミ写真展
「ウロボロスのゆくえ」

キヤノンギャラリーS(品川)

土田ヒロミは1939年、福井県生まれ。東京綜合写真専門学校研究科の夜間で写真を学びました。1971年、勤務していたポーラ化粧品本舗を退社し、フリーランスとなりました。以降、数々の作品を発表し、日本を代表する写真家として活動しています。1978年「ヒロシマ1945~1979」展にて伊奈信男賞、2008年「土田ヒロミのニッポン」で土門拳賞等多数の受賞歴があります。
「ウロボロスのゆくえ」は土田が1990年代から10年間にわたり断続的に行ってきたプロジェクト「産業考古学」(生産現場の風景)と「Fake Scape」(郊外の消費の風景)を一つの空間に混成させた今回の展示に自らが付けたタイトルです。本展では「ウロボロスのゆくえ」約160点が展示されます。作品はキヤノンの大判プリンターimagePROGRAF」でプリントされています。

開催情報
11月29日(月)~22年1月17日(月)
10:00~17:30
日曜祝日休館(12/29-1/は年末年始休館)
入場無料





Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。