石原悦郎への手紙 Part II -AIR MAIL-

ZEIT-FOTO kunitachi

2016年に創設者の石原悦郎氏が亡くなった後、ZEIT-FOTO SALONは国立市の旧石原邸を事務所とし、「石原コレクション」の管理・運営・販売を中心に運営を行っています。また、2018年にはアーカイブプロジェクトの活動を開始し、これまでに1600通を超える書簡が整理されてきました。
本展では、それら書簡の中から19人の作家からの手紙と、ZEIT-FOTOコレクションよりその手紙の書かれた時期の各作家の作品が展示されます。同時に今回は、作家のご厚意により、一部石原から作家へ宛てられた手紙も展示され、石原悦郎との親交や作品制作の背景が紹介されます。

〇展示作家
青木野枝、安齊重男、井津建郎、イトウマリ、尾仲浩二、オノデラユキ、郷津雅夫、柴田敏雄、杉浦邦恵、鈴木涼子、清家富夫、鷹野隆大、田中麻記子、楢橋朝子、松本路子、渡辺眸、ロバート・フランク、ベルナール・フォーコン、ビル・ブラント

開催情報
4月2日(土)~5月14日(土)
金曜土曜、4月3日・4月10日・4月17日のみ営業
11:00~18:00
火曜水曜木曜は予約制





安齊重男『FREEZE No.10, Etsuro Ishihara』1996

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。