フフジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展
植田正治写真展「べス単写真帖 白い風」

FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館(六本木)

植田正治(1913-2000)は鳥取県生まれ。「植田調」として国内外で知られる日本を代表する写真家です。
大正時代、「ベスト・ポケット・コダック」という単玉レンズ付きカメラ(通称「ベス単」)の、レンズフィルターのフードを外して撮影することで得られる独特のソフトフォーカス効果を使った写真がアマチュア写真家の間で流行しました。青年期の植田正治もこの手法を黒白撮影に取り入れました。<白い風>は、それから半世紀後、植田正治がその「べス単」の撮影手法を改めてカラー写真で蘇らせた、日本の風景シリーズです。
本展では、1981年に日本カメラ社から刊行された写真集『白い風』の入稿原稿として使用された当時の貴重なプリントから、40点が展示されます。

開催情報
6月30日(木)~9月28日(水)
10:00~19:00、 最終日は16:00まで
入館は終了10分前まで
会期中無休、入場無料






Photo © Shoji Ueda

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。