BOWIE×KYOTO×SUKITA リターンズ
時間~TIME 鋤田正義写真展

美術館「えき」KYOTO(京都)

鋤田正義は1938年福岡県生まれ。1970年からフリーとして活躍しています。ポートレート、ドキュメンタリー、ファッション、広告、映画、音楽まで幅広い分野で活動しています。特にデヴィッド・ボウイをはじめ、イギー・ポップ、マーク・ボラン、YMOといった世界的アーティストのポートレート撮影で知られています。ボウイとは深い親交があり、彼を約40年以上にわたり撮り続けました。
1980年、鋤田はボウイの招待で京都に赴き、京都の街並みを背景にプライベートな撮影を行いました。そして2020年、鋤田は京都で約40年前にボウイを撮影した場所を再訪。ボウイが愛した京都を新たな視点から撮り下ろしました。
本展は昨年春に会期がスタートしたものの新型コロナウイルス感染拡大により、会期途中で閉幕となった写真展のアンコール展です。1980年に京都で撮影されたボウイの姿と、2020年の京都のシーンを撮影した新作で構成されています。BOWIE X KYOTO X SUKITAという時空を超えたコラボレーション作品です。

開催情報
6月25日(土)~7月24日(日)
10:30~19:30
入館は閉館の30分前まで)
休館日
会期中無休
入館料
一般900円 高・大学生700円 小・中学生500円




ⓒ Sukita

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。