清水裕貴作品展 「微睡み硝子」

PGI(東麻布)

清水 裕貴(しみず ゆき)は1984年千葉県生まれ、2007年武蔵野美術大学映像学科卒業です。2016年に三木淳賞を受賞するなど写真家として活動するとともに近年は小説家としても作品を発表。2018年、新潮社R18文学賞大賞を受賞しました。
PGIでは2回目となる本展では、2021年の「百年硝子の海」から派生した硝子の光景を撮影したシリーズ「微睡み硝子」より、海水や砂、カビを使って劣化させたネガから作者本人がプリントした作品が展示されます。

開催情報
8月22日(月)~10月5日(水)
11:00~18:00
日曜祝日休廊
入場無料 




#01 © Yuki Shimizu, Courtesy of PGI

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。