2023-12-26

光の魔術師 緑川洋一「瀬戸内のメルヘン」
> FUJIFILM SQUARE(写真歴史博物館)

緑川 洋一 (みどりかわ よういち/1915–2001)は岡山県生まれ、日本大学専門部歯科医科学校を卒業し1937年に岡山市内で歯科医院を開業しました。翌年からアマチュア写真家として活動を開始し、親友となる植田正治らと共に『中国写真家集団』で活動。1947年に秋山庄太郎、植田正治、林忠彦らと『銀龍社』を結成、1950年代に入ると造形や色彩表現に取り組み始るなど常に新しい表現を目指した先駆的な写真家です。生涯に出版した写真集は70冊以上に上り、なかでも瀬戸内海を舞台にした作品は質・量ともに群を抜いています。
1990年勲四等瑞宝章受章。

本展では、瀬戸内海のカラー写真のシリーズを中心に、初期のモノクロ作品と、晩年の『花あそび』(東方出版、1998年)からの作品で構成されます。最新のデジタル技術を使ってオリジナルフィルムから新たに作成した銀写真プリント26点が展示される予定です。

  • 会期・時間:
    24年1月4日(木)~3月25日(水)
    10:00~19:00
    *最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで
  • 会期中無休
  • 無料
緑川洋一