日本の写真史を飾る 101人  
フジフイルム・フォトコレクション

四日市市立博物館

2014年富士フイルム株式会社(創業時は富士写真フイルム株式会社)は、同社の創立80周年を記念し、国内外で高く評価を受けた写真家約101名の「この1枚!」という代表的作品を収集しました。
本展では、収集した、上野彦馬、内田九一、福原信三、田淵行男、木村伊兵衛、濱谷浩、土門拳、林忠彦、秋山庄太郎、植田正治、石元泰博、長野重一、芳賀日出男、奈良原一高、東松照明、細江英公、前田真三、操上和美、立木義浩、篠山紀信など日本を代表する写真家による作品(収集した全作品101点)が展示されます。
本展は、2014年のフジフイルム スクエア(東京)・富士フイルムフォトサロン大阪での展示を皮切りに国内を巡回。今回は三重県四日市市での展示となります。

開催情報
4月17日(土)~6月6日(日)
9:30~17:00、入館は16:30まで
休館日
月曜日(祝日の場合は翌平日)
観覧料
一般:1,000円、高校大学生:500円、中学生以下無料




 
鋤田正義
母 1958年

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。