Dandelion Room

Distributed Art Pub Inc, 2001

Thomas Struth(トーマス・シュトゥルート)


ドイツのベッヒャー派の有力写真家として知られている トーマス・シュトゥルート。彼の巨大サイズの写真は 80年代以降の写真の新しい流れとして、現代アートの文脈で高く評価されています。 日本でも2000年秋に東京国立近代美術館で写真展が開催されました。 今回の写真集は1991年にスイスのビンダートゥーアの新設病院の為のプロジェクトを一冊にまとめたものです。それは37の病室の壁面に飾る作品を制作するもので、 彼は病院の周りの花、草木、田園風景をモチーフとして選びました。 近くにありながら室内から隔離されている美しい風景を病室に持ち込み、 写真を通して患者を外界に繋げようと考えたのです。そして完成した花の作品はベットの後ろ部分、 風景作品は逆側に設置されました。この風景と花がきっかけとなり最新作“パラダイス”シリーズへ展開していきます。
約21X29cmサイズのハードカバー168ページのなかに112のカラーイメージが 収録されています。カラフルで美しい自然イメージは正に癒し系の写真集です。

トーマス・シュトゥルート プロフィール